奈良市にあるマンションのリノベーション。

築40年を超えるこのマンションは当初、廊下と壁で仕切られた3LDKの間取りから成り立っていた。

現場を見ると南側の窓からは良好な日差しが入り、北側には周囲を見下ろせる景色が広がっており、壁で機能を区切ってしまうのが不自然に感じられた。

この建物のもつポテンシャルを活かすべく、南北のバルコニーから光と風が抜ける空間を目指すことから設計をはじめた。

壁を取り払い、風の道を作ることで周辺環境の移ろいを感じ、また取り込むことをも試みている。

視覚的にも光や風の通りを感じられるよう、窓際のファブリックの素材感には特に検討を重ねた。

壁で区切られた部屋はないが、どこかに居場所があり、どこにいても気持ちのいい空気に触れられる空間。

季節によって心地の良い場所が変わり、季節の移ろいとともにお気に入りの場所も変化することを想像している。

→ Before Afterの様子はこちらから